1 Minute
データサイエンスを航空教育に活用する

機長の意思決定(リスクアセスメント)を深掘りしてみよう   その6 結果から原因を推定する

その5ではRTO時の確率密度曲線を紹介しましたが、今回はこれに関係する根本的な考え方を紹介します。この考え方を下記のやりとりで分かり易く紹介しましょう。 巡航中のコクピット内でのやりとりです。 この後3のどれかを特定して […]...
Read More
1 Minute
データサイエンスを航空教育に活用する

スティープターン(急旋回)をアイトラッキングの見地から科学する

パイロット訓練のエアワークで必ず行われるのが、今回取り上げるテーマ:スティープターン(急旋回)です。分かり易く紹介しますと、通常より大きい傾きで高度を一定に保ちながら左右に旋回する飛行です。一般的に傾き(バンク角)は30 […]...
Read More
1 Minute
データサイエンスを航空教育に活用する

機長の意思決定(リスクアセスメント)を深掘りしてみよう   その5 RTO後のチェックリスト対応に照らし合わせてみると

実はここまで活用してきた信念を示すオレンジと青のグラフは、とても分かり易くするために使ってきましたが、そろそろ本当のグラフを紹介したいと思います。この辺で紹介しておかないと話が行き詰まってしまうので紹介しますと、本当のグ […]...
Read More
1 Minute
データサイエンスを航空教育に活用する

機長の意思決定(リスクアセスメント)を深掘りしてみよう   その4 降下中の揺れへの対応に照らし合わせてみると

機長の意思決定に関して、その3ではオンラインミーティングを例にして、最終的な意思決定に至る経緯を解説しました。心境(信念)が情報によって次々に更新され、問題特定に至りました。更新のプロセスはベイズ更新と呼ばれます。 さて […]...
Read More
4 Minutes
メタバースを航空教育に活用する

3Dモデルに動きを与える方法 その1    Blenderで動きを手入力して作る

3Dモデルに動きを付け加えて教材を作ってみました。このセクションでは無料で手に入れた3Dモデルに手入力で動きを付加してネット上に公開して閲覧する方法を紹介します。流れは以下のようになります。 ↓ 3Dモデル入手↓ Ble […]...
Read More