航空機運航の可視化 実運航を動画にする

アプリ

下記は私が担当したある日のフライトデータです。

航空機の運航はFlight Radar24等のアプリでリアルタイムに見られるようになりましたが、より詳細なイメージはなかなか掴みにくいものです。

そこで実データをX-Plane上で動画として表示させる取り組みを行っております。
この方法は、イメージとして掴みにくいと思いますが以下に簡単にまとめます。

実際に運航する

飛行データを取得する

独自開発したアプリによってX-Plane用のFDRデータに変換する

X-Planeで動画再生する

視点を自由に変えながらキャプチャーソフトでキャプチャーする

このようにして出来上がった動画が下記になります

航空機運航をX-Planeで再現する


飛行データには1秒おきの動翼の角度やギアやフラップの位置も記録されていますので、動画に正確に反映することが出来ます。
また、コクピット内の計器も実際の通りに指示します。(全て再現されるわけではありません)

この日は低層で風が乱れておりまして、さすがにX-Planeとはいえども滑走路近くで動画を完全には再現することは困難でした。
従いまして誤解を招かないように一部動画を削除しています

このようにすると実運航がかなりリアルに再現できます。
リアルな運航を再現することによって、パイロット教育に役立てることが出来ます。

又、安全対策にも役立てることが出来ます。
この点は折に触れて紹介しましょう。
最後になりましたが、運航データを差し障りが無い範囲でこのホームページへに掲載する事に関して航空会社の許可は取得しています。