アプリ PAPI の使い方 番外編                PAPI DAEファイルをGoogle Earth用のkmzファイルに変換する

アプリ

PAPIの見え方を突き詰めると、Google Earth上にそのパスを表示したくなってきます。
今回、3Dモデルを作り、Google Earth上で編集することにより、任意の空港でのPAPIのパスを作り、表示することができるようになりました。

最初に下記のファイル(3Dモデル)を適当な場所にダウンロードしてください。
このモデルはILSが設置されている滑走路のPAPIの角度に合わせたモデルです。
3DモデルはPAPIの機器ではなく、PAPIの白白白、白白赤赤、白赤赤赤のエリアを扇形で表現したものです。

PAPI DAEファイル(Zipファイル:ダウンロード後、解凍してください)
Google Earthを立ち上げて目的空港、ここでは福岡空港の真ん中に持ってきます
出来ればこの図の左の方、川の上くらいを真ん中にするとベストです

次にGoogle Earthを立ち上げます。
最初に目的空港に持って行くことが肝心です。
ここでは福岡空港のランウェイ16に作ってみましょう。
ズームインします。

その後先ほどのファイルをインポートしてください。

持ってきてからDAEファイルをインポートします
DAEファイルを開くと上のようになります
ここでFUK_16_PAPIと名前をつけてとりあえずセーブしておきます

以降は下記を右クリックしてプロパティを選択すると移動や回転、拡大が出来るようになります。

今後はGoogle Earth上に出現したPAPIのパスモデルを移動、回転、拡大することになります。
写真の下の説明通りにやってみてください。

このままではPAPIの位置及び角度が合っていないので左に移動して、
反時計回りに回転させてランウェイ16のPAPIの位置に合わせる作業をを行います
名前をつけたFUK_16_PAPIのプロパティを開きます
そうしますと緑のラインが3本出現しますので、真ん中のラインの中央のマウスを移動して左クリック
そのままドラッグして滑走路の中央まで移動します
大体中央です
マウスホイールで拡大、ドンピシャリ中央まで移動します
次に回転します
マウスを左の緑に持ってゆくと指の形が変わる所があるので頑張って見つけます
この場所は回転させる所です
ちなみにマウスが先端まで行ってしまいますと拡大することになってしまいますので注意してください。
マウスポインターが赤く描いた形のようになりました
マウスを左クリックして反時計方向に回転させます
回転させてセンターラインの中央まで持ってきます
これもドンピシャリ中央にします
この作業によって角度が決まります
全体像はこんな感じです
次は全体を拡大します
マウスを緑の先端まで動かします
先ほどの指の形になったら、左クリックで上の方に持って行くと拡大します
お望みの長さに拡大します
PAPIには有効範囲がありますが、あまりお堅いことを考えずに延長します
次はPAPIの先端の位置を決める作業です。
PAPIの位置は赤く丸でくくったところです
GoogleEarthでは平面になっているのでわかりにくいのですが、4つの灯器(PAPI)を探してください
本来は設置位置から光が伸びていますが、ここでは滑走路の中央から伸ばしてみます
手のマークがあるところまでにマウスを移送するとその地点の緯度経度が青い丸で囲んだ所に表示されます。
その緯度経度を左のプロパティに入力します。
入力すると先端がピッタリ先ほどの位置に合います。
最後に画面のように、名前をつけて保存すればKMZファイルとしていつでも使うことが出来ます。

なかなかリアルな感じです。
ちなみに紫はPAPIが白3つの範囲、赤はPAPIが赤3つの範囲です。

これによってシュートファイナルでのランウエイの見え方とPAPIの整合性を確認する事も出来ます。
また福岡16以外の滑走路でもご自分で作ることが出来ます。

白2つの下限
白3つの上限
赤3つの下限

高度と位置を変えて高さを判定するため眼力を鍛えることが出来ます。
最後にこの記事のKMZファイルを下記にUploadしました。
ご活用下さい。
※スマホでもダウンロード出来ますが、Google Earthに表示させると黒色で表示され、長さがとても長い図形になっております。
ご容赦ください。

FUK福岡 RWY16 PAPI KMZファイル(ダウンロード後解凍してください)